ポイント2重取り3重取りのポイ活テク
(画像=78art/stock.adobe.com)

普段のお買いものや通勤など、日常生活ではさまざまな場面でポイントがたまるため、「2重取り」「3重取り」することで、もっとポイントを増やしやすくなります。本記事では効率的なポイントのため方として、2重取り3重取りの方法を紹介します。

目次

  1. ポイント2重取り3重取りとは
  2. ポイント2重取り例
  3. ポイント3重取り例
  4. 自分の好きなポイントを多重取りしよう


ポイント2重取り3重取りとは

ポイント2重取り3重取りとは、複数の決済手段の組み合わせによって、1度の決済で2重または3重にポイントをためることです。キャッシュレス決済が多様化したことで、今ではさまざまな組み合わせでポイントがたまるようになりました。

ポイント2重取り3重取りに使える決済手段は、以下の通りです。

・クレジットカード
・ポイントカード
・QRコード決済
・ポイントカード
・電子マネー など

組み合わせ次第ではポイント還元率が高まるため、2重取り3重取りはポイ活に欠かせません。決済手段の最適な組み合わせを知っておかないと実践できないので、ここからは具体的な方法をチェックしていきましょう。

ポイント2重取り例

ポイント2重取りにはさまざまな組み合わせがあり、3重取りに比べると選択肢が豊富です。普段からキャッシュレス決済をしている人は、少し工夫をするだけで簡単に実践できる方法もあります。ここからは2重取りの具体例を紹介します。

クレジットカード+ポイントカード

最もシンプルな方法としては、「クレジットカード+ポイントカード」の組み合わせがあります。例えば、コンビニでの支払い時にクレジットカード決済をし、合わせてポイントカードを提示すると、それぞれのカードに対応したポイントがたまります。

クレジットカード+ポイントカードの具体例は、以下の通りです。

・三井住友カード+Pontaカード
・セゾンカード+dポイントカード
・JCBカード+楽天ポイントカード

特に、クレジットカードとポイントカードが一体型になっている以下のカードなら1枚で2重取りができ、財布がかさ張らないので大変おすすめです。

・ローソンPontaプラス(Pontaカード一体型)
・dカード(dポイントカード一体型)
・楽天カード(楽天ポイントカード一体型) など

例えば、「ローソンPontaプラス」ならPonta提携店のレジでPontaカードとして提示し、同時にクレジットカード決済をすると最大1%のPontaポイントが還元されます。

また、ローソン利用なら最大6.0%還元されるのでお得です。入会だけで3,000Pontaポイントがもらえるので、入会を検討してみましょう。

上記の他にも、さまざまな組み合わせで2重取りを狙えます。近くのお店が対応している決済手段をチェックし、効率的にポイントがたまる組み合わせを考えてみましょう。

QRコード決済+ポイントカード

QRコード決済とポイントカードの組み合わせも、分かりやすく2重取りができる方法です。QRコード決済とポイントカード(アプリで代替可能)はスマートフォンのアプリで行えるため、持ち歩くカードを減らしたい人にも適しているでしょう。

QRコード決済+ポイントカードの具体例は、以下の通りです。

・au PAY+Pontaカード
・楽天ペイ+楽天カード
・ファミペイ+Tポイントカード

この方法にも多くの組み合わせがあるので、普段ためているポイントで2重取りを狙いましょう。

ポイント3重取り例

3重取りは魅力的なポイ活テクニックですが、2重取りに比べると選択肢が少なくなります。仕組みもやや複雑になるので、ここからは「Pontaポイント」と「dポイント」に絞って3重取りの具体例を紹介します。

Pontaポイントの3重取り方法

Pontaポイントの3重取りテクニックとしては、「au PAY+au PAYカード+Pontaカード」の組み合わせがあります。

例えば、au PAYアプリへのチャージにau PAYカードをつかうと、「チャージ金額×1.0%」のPontaポイントを受け取れます(※)。さらに、提携店のレジでau PAYカードとPontaカードを提示すれば、通常時で最大1.5%のPontaポイントが還元されます。

(※)2022年12月1日以降はゴールドカード限定の特典。

dポイント3重取り方法

dポイントの3重取りは、「d払い×dポイントカード」の組み合わせで実現できます。

d払いは、2018年に提供開始されたスマホ決済サービスです。以下のステップでdポイントカードと連携すると、支払い時に最大2.5%のdポイントを受け取れます。

dポイントを3重取りするステップは、以下の通りです。

【STEP1】d払いの支払い方法をdカードに設定(1.0%のポイント付与)
【STEP2】支払い時にdポイントカードを提示(1.0%のポイント付与)
【STEP3】d払いで支払い(0.5%のポイント付与)

なお、この方法でdポイントを3重取りするには、d払いとdポイントの対応店舗を利用する必要があるため注意しましょう。

自分の好きなポイントを多重取りしよう

ポイントの多重取りにはさまざまな方法があり、組み合わせ次第でたまるポイントの種類は変わります。対象店舗や還元率なども異なるので、まずは普段からためているポイントが付与対象になる決済手段を確認し、新しいクレジットカードやQRコード決済を導入してみてはいかがでしょうか。