教育費の準備を「保険」で始めませんか?
(画像=78art/stock.adobe.com)

子どもがいる家庭は、計画的に教育費を貯める必要があります。「周りの家庭もできているから」と安心していると、希望する学校に進学できないこともあるでしょう。経済的にあまり余裕がない場合は、どのように教育費を貯めれば良いのでしょうか。本記事では教育費を学資保険で貯める方法を分かりやすく紹介します。

目次

  1. お子様の教育費、いくらかかるかご存じですか?
  2. 学資保険とは
  3. 学資保険の検討に学資保険一括資料請求サービス
  4. まずは無料で簡単な一括資料請求を利用しよう
  5. 一括資料請求をしてスムーズに各社を比較しよう


お子様の教育費、いくらかかるかご存じですか?

子どもが国公立の幼稚園から高校に通い、私立文系大学に入学した場合、学費がいくらかかるかご存じでしょうか。おおよそ以下の学費がかかるといわれています。

・幼稚園から大学卒業までにかかる教育費は約1,245万円
・幼稚園から高等学校まで私立の場合で約1,830万円

大学の学費だけでも、最も安い国公立大学でも4年間で約540万円かかります。さらに、もし遠方の大学に進学した場合、家賃などの費用がかさみます。

上記のような教育費を貯める方法として、「保険」という選択肢もあります。

学資保険とは

学資保険は、子どもの教育費を準備するために加入する貯蓄型の保険です。毎月決まった金額を払い込むと、子どもの進学・進級に合わせて「祝い金」や「満期保険金」を受け取れます。

・祝い金:小中学校や高校、大学への入学時に受け取れるお金のこと。
・満期保険金:満期を迎えたタイミングで受け取れるお金のこと。

学資保険には他にもメリットがあるので、以下で主なものを確認しておきましょう。

<学資保険に加入するメリット>
・中途解約をしなければ、返戻率100%を超える保険がある
・両親に万一のことがあった場合の保障がある(病気やけがなど)
・生命保険料控除が適用される(所得税や住民税が安くなる)
・基本的には長期に加入するため、ライフプランを組み立てやすい

商品にもよりますが、一般的な学資保険では支払った保険料以上の祝い金・満期保険金を受け取れます。また、医療保障や死亡保障、保険料払込免除などの保障が用意されているため、親や子どもの万一にも備えられます。

学資保険の検討に学資保険一括資料請求サービス

学資保険を検討している人には、『保険の窓口インズウェブ』の学資保険一括資料請求サービスがおすすめです。一括で資料請求をすると、複数社の学資保険をスムーズに比較できるので、各家庭にぴったりな保険を見つけやすくなっています。

<保険の窓口インズウェブの一括資料請求サービス>
・無料で利用できる
・手続きが簡単(最短1分)
・120,000人以上のママやパパが利用(※)
・安心できる大手保険会社の資料を一括請求
・お得な保険がひと目で分かる

(※)2014年11月~2021年4月に、保険の窓口インズウェブ経由で学資保険・こども保険の資料請求をした延べ人数。

保障が充実した商品や、最もお金が増える学資保険を探しやすくなるので、興味のある人はぜひ利用してみてください。

利用でプレゼント

保険の窓口インズウェブから一括資料請求をすると、今なら『ハーゲンダッツアイスクリーム2個(電子ギフト)』を受け取れます。このプレゼントを受け取るには、以下のバナーにある専用ページからのお申し込みが必要です。

加入を検討している人のみが対象ですが、受け取りにあたって学資保険に加入する必要はありません。また、プレゼントの受け取りに必要な電子ギフトは、スマートフォンでのみ利用できます。

4種類の中から好きなフレーバーを選べるので、ぜひこの機会に資料を一括請求してみましょう。応募方法や受け取り方法が気になる人は、以下のバナーから概要をチェックしてみてください。

まずは無料で簡単な一括資料請求を利用しよう

保険の窓口インズウェブは、最短1分で資料請求ができるサービスです。もちろん利用は無料なので、郵送料や登録料はかかりません。

また、「学資保険だけでは足りないかも」と不安な家庭に向けて、学資保険以外の保険も用意しています。さまざまな角度から教育費の用意をサポートしているので、余計な手間や費用をかけたくない人は利用してみましょう。

詳しくはこちらをチェック

利用の流れ

保険の窓口インズウェブでは、以下の3ステップで簡単に資料を一括請求できます。

<保険の窓口インズウェブの資料一括請求の流れ>
【STEP1】一括資料請求ページにアクセスをする
【STEP2】必要事項を入力する
【STEP3】確認して申し込み完了

上記の手続きをするだけで、入力した届け先に最大6社の資料が届きます。身分証明書などを用意する必要もないので、パソコンやスマートフォンがあればすぐに申し込めます。

一括資料請求をしてスムーズに各社を比較しよう

教育費を貯められる、万一の事態に備えられるなど、学資保険にはさまざまなメリットがあります。ただし、商品によって返戻率や保障などは異なるので、加入前にはきちんと比較しておく必要があります。お得な商品をスムーズに探したい人は、保険の窓口インズウェブから資料一括請求をしてみてください。