専業主婦でもクレジットカードを持てる?審査基準やおすすめカードを紹介
(画像=naka/stock.adobe.com)

専業主婦の中には「収入がないとクレジットカードの審査に通らない」と考えている方が案外多いのではないでしょうか。しかし、家族に安定した収入があれば、専業主婦でもクレジットカードを持つことができます。

今回は、申込みの際の重要なポイントや専業主婦がカードを持つメリットを解説し、専業主婦におすすめのカードを用途別にご紹介します。

目次

  1. 専業主婦でもクレジットカードを作れるの?
  2. 専業主婦がカードを持つメリット
  3. 用途別おすすめのカード3選
  4. 上手に利用して「家計の味方」にしよう

専業主婦でもクレジットカードを作れるの?

収入がない専業主婦が審査に通るためには、専業主婦の利用を想定した審査基準を設けているクレジットカード会社のカードを選ぶ必要があります。

ほとんどのクレジットカード会社は、申込者とその扶養者(配偶者など)を含めた世帯年収や預貯金などの信用情報に基づいて審査を行います。信用情報とは、個人の年収や勤務先等の属性情報、各種ローン等の利用・返済履歴などを記録したもので、信用情報機関が管理しています。信用情報が優良であれば審査に通る確率が上がりますが、返済滞納等の理由でブラックリストに載っていると審査通過は難しくなります。

「少しでも審査に通りやすくしたい」という方は、審査の対象となるキャッシング枠をゼロにしたり、ショッピング枠を低めに設定したりすることをおすすめします。

自分名義ではなく、家族カードを申し込む方法もあります。家族カードは、すでにクレジットカードを持っている本会員の家族に対して発行されるカードです。

専業主婦がカードを持つメリット

専業主婦がクレジットカードを利用することの主なメリットは、以下の4つです。

家計の節約につながる

ポイント還元率の高いカードや各カードの優待セールなどの特典をうまく利用することで、家計を節約することができます。

家計の管理がしやすくなる

利用明細でいつ・どこで・いくら使ったのかを確認できるため、お金の流れを容易に把握できます。無駄な支出がわかるため、余計な出費を抑える効果も期待できるでしょう。

手数料負担を減らせる

支払いの際に発生する各種決済手数料や振込手数料は、1回の手数料が少額でも回数を重ねるとかなりの出費になります。クレジットカード払いでは加盟店側が手数料を負担するため、利用者は手数料を支払う必要がありません。振込手数料やATM手数料が無料になる特典付きのクレジットカードもあるため、うまく利用すればさらに節約できます。

ただし、分割払いやリボ払いを利用すると金利手数料がかかるため、注意が必要です。

現金を持ち歩かなくても済む

キャッシュレスが普及した現在では、クレジットカードとデビットカードを使い分けることで、ATMで現金を引き出す手間が省け、盗難や紛失のリスクも回避できます。

用途別おすすめのカード3選

専業主婦がクレジットカードのメリットを最大限に活かす上で、押さえておきたいポイントは以下の3つです。

  • 年会費は無料か
  • ポイント還元率は高いか
  • 公共料金の支払いでポイントが貯まるか

ここでは、上記の3つのポイントをクリアしていて、かつ専業主婦に嬉しい特典付きのカードを3枚ご紹介します。

※2022年2月11日現在の各クレジットカード公式サイトを参照

1 毎日のショッピングでポイントがどんどん貯まる!「イオンカードセレクト」

全国のイオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュなど、イオングループの対象店舗や提携店舗で利用できます。還元率アップのチャンスも多く、ポイントが驚くほど早く貯まります。

イオン銀行のキャッシュカードと電子マネー「WAON」の機能も備わっており、利便性が高い点も魅力です。イオン銀行の普通預金口座を開設すると、普通預金金利が最大年0.10%になったり、ATMの手数料が無料になったりする特典もあります。

主な特典 ・「WAON」への自動チャージで200円につき1ポイント
・「WAON」で支払えばダブルポイント
・毎月20日・30日は全国のイオン、ビブレ、マックスバリュなどの各店舗でのショッピングが5%オフ
・5日・15日・25日(毎月5のつく日)はポイント2倍
・毎月10日・20日・30日はイオンモール専門店でポイント5倍
・毎月10日はイオングループ以外でも還元率が2倍に
・イオン・提携銀行のATM手数料ゼロ
・イオン銀行の普通預金金利が最大で年0.10%に
ポイント種類 「WAON」ポイント
ポイント還元率 0.5%~
付帯保険 ショッピングセーフティ保険
追加カード 家族カード・ETCカード
支払い方法 リボ払い 実質年率15.00%
分割払い 3~60回
実質年率10.05~12.04%

2 ネットショッピングでポイントがどんどん貯まる!「VIASOカード」

三菱UFJニコスが発行するカード。三菱UFJニコスが運営する業界最大級のネット通販のポータルサイト「POINT名人.com」を利用してショッピングすると、最大25倍のポイントを獲得できるなど、お得感の高さが人気の秘密です。

1ポイント1円で銀行口座に自動的にキャッシュバックされるため、「ポイントを現金化して家計の足しにしたい」という専業主婦には特におすすめの1枚です。

また、旅行代金をVIASOカードを支払うだけで、死亡・後遺障害(最高2,000万円)、携行品の損害(20万円程度)、傷害・疾病による治療費用(100万円程度)などをカバーする海外旅行傷害保険を利用できます。

主な特典 ・ショッピング利用代金1,000円につき5ポイント
・携帯電話・インターネット・ETCの利用でポイント2倍
・POINT名人.com経由の利用でポイント最大25倍
・充実の海外旅行傷害保険(※出発前に旅行代金を支払う必要あり)
ポイント種類 VIASOポイント
ポイント還元率 0.50%~
利用可能限度額 一般会員:10万~100万円 学生:10万~30万円
付帯保険 海外旅行傷害保険
追加カード ETC、家族カード
支払い方法 リボ払い 実質年率 15.00%
分割払い 2~24回
実質年率12.25~15.00%(2回払いは手数料無料)

3 高還元率、女性に嬉しい特典重視!「JCBカード W plus L」

世界に約3,600万店舗あるJCB加盟店で利用できる、日本唯一の国際クレジットカード。

高還元率に加えて、優待や豪華プレゼントが当たる「LINDAリーグ」、女性のための保険サポートなど、女性に嬉しい特典が満載の1枚です。

ただし、申込み対象は18歳以上39歳以下で、本人または配偶者に安定継続収入のあることが条件です(※40歳以降も年会費無料のまま継続利用可能)。

主な特典 ・「WAON」への自動チャージで200円につき1ポイント
・常にポイント2倍・パートナー店利用でポイント2倍〜11倍
・タッチ決済で20%キャッシュバック
・月替わり優待・プレゼント企画
・月2回の「LINDAの日」は2,000円分のJCBギフトカードが当たる
ポイント種類 Oki Dokiポイント
ポイント還元率 1.0%~
利用可能限度額 最大300万円 ※リボ払いは最大200万円
付帯保険 海外旅行傷害保険、海外ショッピングガード保険
追加カード ETC、QUICPay、家族カード
支払い方法 リボ払い 実質年率8.04~18.00%
分割払い 3~24回
実質年率7.92~18.00%

上手に利用して「家計の味方」にしよう

家族のためにショッピングをする機会が多い専業主婦がクレジットカードを上手に利用すると、家計の味方になります。

ここで紹介したもの以外にもさまざまなクレジットカードを比較して、利用用途やライフスタイルに合うカードを見つけてください。